Nature Cruise

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫川源流

<<   作成日時 : 2013/12/18 06:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 
フクジュソウ
少し時期遅く、薹が立った感じ。
(2013/4/27 姫川源流にて)



2013年GWに白馬を訪れたとき、時間があったので姫川源流自然探勝園に立ち寄りました。

姫川は、白馬村・小谷村を流れ、日本海に注ぐ川。その源である「姫川源流」一帯は、春の雪解けとともに福寿草の花にはじまり、ミズバショウ、キクザキイチゲ、カタクリ、ニリンソウといった春の花々で知られています。

国道からも近く、遊歩道が整備され、気軽に散策ができます。

画像
親海湿原


画像  画像
カタクリ             ニリンソウ

画像
キクザキイチゲ


姫川源流自然探勝園(姫川源流・親海湿原)一帯は、貴重な自然環境を形成しているとして長野県の自然保護条例に基づき、自然環境保全地域に指定されています。

また、姫川源流湧水として名水百選にも選定されています。

画像
姫川源流 白馬の山々を望むこの地に源流は流れる。


画像
福寿草の大群落



姫川源流自然探勝園
季節ごとに花々の模様替えが見られる。
親海湿原の北側にある荒神の森を隔て、姫川の源流の地がある。
画像

姫川源流湧水
日本の名水百選に選定されている。
信濃川水系に属する青木湖と分水嶺を隔てた山あいの小さな平坦部から、
水温8度の清冽な水が多量に湧き出て
直接姫川が発祥するという全国的にも珍しい例。
毎年4月中旬に姫川源流福寿草まつりが開催されている。

親海湿原(およみしつげん)
湿原植物の宝庫として知られる。
親海湿原は、標高750mにもかかわらず、亜高山帯から高山帯にかけて生息する
低層・高層の湿原植物が豊富で、 特に、ホロムイソウの自生地としては
長野県下で唯一のものと言われている。
1周約20分程の遊歩道は、木道やチップ舗装で整備されている。

所在地:長野県北安曇郡白馬村神城458-142

白馬さのさか観光協会



スプリングエフェメラルINDEXへ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫川源流 Nature Cruise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる