Nature Cruise

アクセスカウンタ

zoom RSS 飯豊山 イイデリンドウ

<<   作成日時 : 2009/11/14 10:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
【イイデリンドウ】リンドウ科
リシリリンドウの変種で、飯豊山の特産種
本山小屋から飯豊山頂上に至る稜線の草原で見つけました。
まだ蕾でしたが、宝物を見つけたような気分でした。
花期は7月中旬〜8月上旬


画像   画像


飯豊連峰は磐梯旭国立公園にある東北随一の勇壮な山塊です。

雄大な峰峰と険しい渓谷には遅くまで多量の残雪があり、稜線上には豊かな植生が育まれています。

7月中旬に川入の登山口から入り、長い道程を2日間掛けて飯豊山本山を往復しました。

花は主に、剣ヶ峰から種蒔山に掛けての稜線や、草履塚から御前坂に掛けての登山道に集中しているようですが、イイデリンドウはそれより先、飯豊山山頂周辺で見られます。

画像
イワイチョウ
この山では珍しい。
地蔵山から剣ヶ峰の間のちょっとした小池に
咲いていました。


画像
コメツツジ
剣ヶ峰の岩場に見られます。


三国小屋から種蒔山くらいまでのアップダウンの続く稜線には花が集中して見られます。

画像  画像 
センジュガンピ             ヒメサユリ


画像  画像
ミヤマクルマバナ            タテヤマウツボグサ


画像
モミジカラマツ


切合小屋周辺でも砂礫地特有の花が咲いています。

画像  画像
アカモノ            シロバナニガナ


画像


画像
ミネウスユキソウ


画像
タカネマツムシソウ


切合小屋を過ぎて沢沿いのジメジメした草地にはシラネアオイなども見かけます。

草履塚を超えるとミヤマウスユキソウが姿を現しはじめます。

画像
オノエラン


画像
ミヤマダイモンジソウ


姥権現のある鞍部から御秘所の岩場やその先の草地にも多くの花はが稜線を飾っています。

画像  画像
ミヤマホツツジ            ハクサンシャクナゲ


画像
オヤマノエンドウ


画像  画像
クルマユリ            ヨツバシオガマ


御前坂という本山小屋への最後の急登の岩礫地にはミヤマウスユキソウが特に多くチシマギキョウなどと混生しています。

画像


画像
ミヤマウスユキソウ(ヒナウスユキソウ)



画像
[観察日] 2009年7月19-20日
[場 所 ] 飯豊山  川入〜三国岳〜飯豊山
飯豊山登山の記録はこちらへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
飯豊山 イイデリンドウ Nature Cruise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる