Nature Cruise

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日連峰  

<<   作成日時 : 2009/11/10 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
【ミヤマウスユキソウ】キク科
別名ヒナウスユキソウ
東北地方に分布する。
白い綿毛に覆われた星形の部分は苞葉とよばれ、
真中の茶色(黄色)い部分が花。
草丈は5〜15cm
花期は6〜7月



朝日連峰は新潟県と山形県の県境にあり、越後山脈最北部に位置する山塊です。
有数の豪雪地帯で夏の残雪、稜線上の高山植物、山麓から山腹にかけてのブナの原生林、深い渓谷が特徴の美しい山域です。
最高峰は大朝日岳で、周辺の稜線にはミヤマウスユキソウが見られます。
磐梯朝日国立公園内にあり、鳥獣保護区(希少鳥獣生息地)にも指定されています。

今回は、7月中旬に古寺鉱泉から古寺山、銀玉水、朝日小屋、大朝日岳の間で見られた高山植物は、東北ならではの植物や初めて見る花も多く、収穫多き山旅でした。

画像


画像  画像
ミヤマウスユキソウ
大朝日小屋周辺の稜線に群生している様子が見られます。


画像


画像
ヒメサユリ
山形、福島、新潟の3県にのみ分布し、
標高の低い所から飯豊・朝日連峰の高山まで生える。
今回初めて古寺山周辺でお目に掛かることができました。
熊越の鞍部やその先の尾根上にニッコウキスゲと共存しています。


画像
ミヤマクルマバナ
登山道をピンクに染めています。


画像  画像
ニッコウキスゲ            シナノキンバイ


画像
ウサギギク


画像
ミヤマキンポウゲ
銀玉水周辺の斜面にシナノキンバイと共に群生していました。
水が周辺には高山植物が豊富で、シラネアオイなども見られます。


画像

画像
オノエラン
この花も今回初めて出会う高山植物です。
大朝日小屋の裏から山頂へ通じる路で見つけました。


画像


画像  画像
ヨツバシオガマ            ムカゴトラノオ

大朝日小屋周辺にはミヤマウスユキソウの他、
ハクサンシャクナゲやチシマギキョウなど高山植物の種類も豊富です。


画像
イワシモツケ


画像  画像



画像
[観察日] 2009年7月18日
[場 所 ] 朝日連峰  古寺鉱泉〜大朝日岳
朝日岳登山の記録はこちらへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日連峰   Nature Cruise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる