Nature Cruise

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤクシマシャクナゲ(九州の山 宮ノ浦岳)

<<   作成日時 : 2008/12/03 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
【ヤクシマシャクナゲ】ツツジ科
屋久島の特産種。
樹林帯では背丈が高く、ヤクザサ帯では低木。
蕾は赤く、花開くと次第に白色へと変化する。
開花期は5〜6月


世界自然遺産の島 屋久島
九州の佐多岬から南南西60kmに位置する屋久島。
縄文杉をはじめとする屋久杉で有名で、1993年に世界自然遺産に登録された島です。
九州最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ、1000mを超える山々が46座もあり、今尚神秘的な森や屋久島固有の動植物が生息し、豊かな生態系を育み、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。

宮ノ浦岳登山とヤクシマシャクナゲ鑑賞に、6月上旬に世界自然遺産の島、屋久島を訪れました。
生憎の雨(大雨です。屋久島は多雨地帯でも有名。)でしたが、淀川登山口より宮ノ浦岳を往復しました。

ヤクシマシャクナゲは、登山口周辺から見ることが出来ます。
登山道でヤクシマシャクナゲが見られますが、特に「投石平」周辺以降から数も多くなり、赤色・ピンク、白色の花が山肌を染める様は圧巻です。

今年は何年かに一度の当り年とも言われ、鮮やかな花を咲かせていました。

画像  画像
登山道沿いに咲くヤクシマシャクナゲ(2008/6/7撮影)


ヤクシカやヤクザルにも出会える、自然が息づく野生の島なのです。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤクシマシャクナゲ(九州の山 宮ノ浦岳) Nature Cruise/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる